初釜をしました

新年あけて初めてのみんなでの顔合わせは、初釜です
裏千家では近年、初釜ではなく「初稽古」という様になっています
初釜とは、私が思うに師が生徒に前年の感謝と今年度への志を伝えるために
お点前をしておもてなしをする会だと思います
ですから、「初稽古」というとピンと来ない方もいらっしゃると思い
敢えて、「初釜」とよびましたが来年からはお家元に倣って言い方を変えようと
思っています
当日は、すでに近くのろうばいがこんなに満開で芳香を漂わせてました
2015-01-10 2015-01-10 001 001炭点前の後、私から皆さんのお濃茶を差し上げます
2015-01-11 2015-01-11 003 002とても狭いので、みんな窮屈そうで申し訳ない感じです
お約束の花びら餅です↓  利久さんで頼んだ花びら餅は小ぶりでとても美味しいです
2015-01-11 2015-01-11 003 001お干菓子は、鎌倉からいらしている生徒さんから豊島屋さんの和三盆(右上)
直前に福岡に行ってらした生徒さんからの藤丸さんの清香殿(左下)
2015-01-11 2015-01-11 003 003薄茶のお道具は、これまたお約束の「曙なつめ」松に鶴の蒔絵ですね
水指は、今年の干支が蓋になっているものを使わせてもらいました
さて、その後はそれぞれに薄茶のお点前を披露しつつ、お客様になったり亭主になったりと
楽しみました
その後、申し訳ないのですが近くのお料理屋さんに移動して会食をしました
一人一人、今年の抱負などを発表しました
その中には、アッと驚くような発表もあり、一喜一憂した私でした
そして、生徒さんたちから私になにやらプレゼントがあるという事で・・・

頂いたものは、なんと空海庵のマークの入ったオリジナル風呂敷!でした
京都のお店で特注していただいたそうなんです
嬉しいです~~これは、抹茶色なんだそうです
私が、生徒さんにおもてなしをと思っていたのに これは、嬉しい逆転劇??
心から感謝して大切に使わせて頂きます
というより、使うのが持ったないわぁ~

カテゴリー: ブログ

コメントは受け付けていません。