夏越の祓(なごしのはらえ)

6月30日は、「夏越」と言います。半年後の12月31日は「年越」ですよね

この日は、茅の輪をくぐって今年半年間の罪穢れを清め、残り半年の無病息災を祈ります。

茅の輪の由来は、日本の各地に昔から伝わる説話が元になっています。

昔、北海にいた男神が南海の女神に求婚するために竜宮城に向かいました。

途中で日が暮れ、一夜の宿を借りようと村を歩いていました。

巨丹将来(きょたんしょうらい)という裕福な家を訪ねた所「うちは貧乏なので」と嘘を付かれ

断られてしまいました。その後、巨丹将来の兄である貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)の家を訪ねました。

蘇民将来は、泊めてあげて丁重におもてなしをしました。

8年後、男神はまた蘇民将来の家に泊まりました、その時に茅の輪を腰につけておきなさい

と蘇民将来に渡しました。その時、「私は須佐之男命である。今後世の中に疫病が流行れば、

お前たちは蘇民将来のの子孫だと言えば難を逃れられるようになると言って去って行きました。

その男神は、「牛頭天王」という神様だったのです。

蘇民将来と巨丹の物語は「備後風土記」や「参宮名所図絵」に残っておりそれにはスサノオノミコトが

蘇民将来の家に泊まったという事になっています

6月になると各地の神社に大きな茅の輪があり、人がその輪を八の字に回り、無病息災、疫病退散を願います。

今、まさに新型コロナの退散を願いたいところですね。

回る時に気をつけることがあります。

回る回数を数えてくれぐれも目が回らないようにしてしょうらい

これは、今年の6月に撮影された宮崎県日南市にある鵜戸神宮の茅の輪です

カテゴリー: ブログ

裏千家若宗匠格式披露茶会 

令和2年10月8日
千敬史様が若宗匠格式宣誓式に臨まれ
九條家より斎号「丹心斎」
家元より茶名「宗史」を授与されました。

翌日9日に京都大徳寺にて裏千家の若宗匠のお披露目茶会がありました。
丁度、京都におりましたので母を送り届けて来ました。
この日は雨模様でしたが沢山の方々が若宗匠のお祝いに駆けつけておられました
私は一緒に入ることが出来ませんでしたが
入り口で雰囲気だけ覗いて参りました。
代々続くお家元を継がれる思いとは、私たち凡人には計り知れないものがおありだと思いますが
私たちにとってとても嬉しい日です

若宗匠が、お家元になられると裏千家の17代目となります。
大げさですが500年続く歴史の節目に立ち会えた気がします。

カテゴリー: ブログ

京都 聖護院門跡にて 納涼茶会をしました


聖護院といえば、有名な京都の八つ橋のお菓子屋聖護院大根を思い浮かべますが
そのお店の名前の由来になっていますここは聖護院という本山修験総本山の寺院です。
約900年前に現在の場所に建てられた様です。
そこで納涼茶会をいたしました。
テーマは夏祭りです
お庭を見渡せる所にヨーヨーを並べてみました

床の間は、瀧(たき)です。
大徳寺黄梅院の小林太玄和尚の書かれた軸です
本当にそこに瀧がある様に見えた方は妄想の才能あり?
いえ、素晴らしい感性の持ち主ですね

カテゴリー: ブログ

巴茶会

 

2016年10月30日に、念願叶って表千家、武者小路千家、裏千家での三千家の合同茶会を開催出来ました。

場所も新宿御苑ということで、便が良く大勢のお客様にお越しいただき感謝の思いで一杯です。

利休さんの時代には特に流派が分かれておらず、利休の一服のお茶での喫茶去でした。

身分に囚われず、誰もが美味しいお茶を飲むことでよかったのです。

その利休茶道が原点の三千家でそれぞれの個性を大切にお客様に楽しんで頂こうという趣旨です。

空海庵では、裏千家特有の茶箱とお点前をさせていただきました。

他流の方に沢山のご質問があり、興味を持っていただいたようでした。

カテゴリー: ブログ

お茶仲間とお勉強会

日本には四季があります
茶道は、四季を愛でます
寒い日には暖をとる様に暑い日は涼を得る様に目で見て耳で聞いて肌で感じます
元々備わった人間の本能を最大に使って楽しめます

先日、お茶仲間のお家にお邪魔しました
床の間には、「涼風」という軸がかかっていました

釣りかごの花入れに矢筈すすき、ききょうに半夏生。
夏の花々が涼しそうに生けられていました
風炉もきれいに灰形が切ってあり、藤灰が所々に撒いてあり白波の様に涼しげです!
お釜もカン付が巻貝になっていますね!
このようにお客さまに夏を楽しんでいただく様にたくさんのお道具から選んでここに設えます
この一つ一つの心遣いをお客さまが感じてそしてこれを感謝する事が大切です
一期一会という言葉がありますが、今この時この一瞬は二度と戻りません
この一瞬を大切にしていくことで未来が変わる筈です
そんな事を感じさせてくれるのが茶道ですね
素晴らしい仲間と素晴らしい時間を過ごしました

カテゴリー: ブログ